カリウムの多い食品

カリウムの多い食品でむくみ対策

カリウムは、むくみに最も効果のある栄養素のひとつといわれます。
しかし、効率的にむくみを解消するのであれば、カリウムだけに頼らない食事対策が大事です。


カリウムの多い食品やむくみに効果のある食品を以下に紹介します。


カリウムでむくみ対策4つのポイント



カリウムの多い食品でむくみ対策

カリウムだけじゃ解決できないむくみの対処法

食事で総合的にむくみ対策

気をつけて!これは間違った対処法



カリウムの多い食品サイトとは

カリウムには腎臓でナトリウムが再吸収されるのを抑えるという働きがあります。


そのため、ナトリウムが尿の中に排出される量を増やし、血圧を下げることにつながるといわれます。


塩分の多い生活習慣を送る中高年にとってカリウムは注目の栄養素といえるでしょう。
そのため高血圧・むくみに悩む人は、普段の食事からカリウムの多い食品を知っておくことがポイントです。


ポイントカリウムには体の中でどのような働きがあるかを知り、

ポイントどのような食品食べ物が多いのか事前に確認する

ポイントそしてどのような食べ物を食事を取り入れた生活をすればいいのか


このことを理解できるようになるのが当サイトの目的です。



そもそもカリウムが不足すると体にどのような影響を与えるの?

その成分が多い食品や食事とは?

そういった食品を毎日の生活で上手に摂取するお勧めの方法は?


このような思いでいる方に、カリウムの多い食品を紹介します。

高血圧で悩んでいる方は多いと思います。 体液のナトリウム濃度が高くなると、濃度を薄めようとして水を取り込み体液の量が増えてしまうので血管が圧迫されて血圧が上がり高血圧になってしまいます。 カリウムにはナトリウムの腎臓での再吸収を抑制して尿中への排出量を増加させることにより血圧を降下させる働きがあります。 ナトリウムの摂り過ぎは高血圧を招きますが、日本人の食習慣では食塩相当量の摂取基準を実行するのは難しいので、ナトリウムの排泄を促して血圧を下げる作用のあるカリウムを、高血圧の予防のために積極的に摂ろうという考え方に変わってきています。 また、高血圧を予防する食品に、納豆がおすすめです。 食塩を加えておらず、食べる時も少量なので、高血...

カリウムの多い食品って何がある?

イメージ

人のとって大切なカリウムの1日摂取量の目安は3500mgと言われています。
また、ナトリウムを尿と一緒に排出してくれる高血圧にはとても重要なミネラルです。特に塩分摂取のコントロールが難しい方には嬉しい成分といえます。


また、この成分が多い食品を摂ると減塩効果が高まり高血圧の予防改善に効果的と言われています。


カリウムの多い食品としてあげられるのは…、
干し柿1個580mg、アボガド1個1000mg、干しひじき10g440mg、バナナ1本390mg、ほうれん草370mg、枝豆50グラム350mg、ジャガイモ1個230mg、サツマイモ1個450mg、ブロッコリー50g250mg、キウイフルーツ1個320mg、メロン100g340mg、納豆1パック330mg、春菊50g300mg、さといも1個300mg、ゴーヤー茶100g2500mgです。


ほかに、リンゴやイチゴやカボチャやニンジンなども多い食品といわれます。
カリウムは煮たり、茹でたりすると溶け出てしまうので、食べ方としてはスープにしたり、煮汁ごと摂取できるように工夫して、摂取していきたいと思います。


特に、朝忙しくて食べられない、昼食べている時間がないと食事を抜くことが多い方や、塩辛いものが好きなど食塩の摂取量が多い方、高血圧の方、糖尿病の方、外食が多い方、好き嫌いが多くて偏食の多い方、コーヒーや酒や甘いものをよく飲食する方、ストレスが多い方などは、こういった食べ物や食品を積極的に摂取することをお勧めします。


関連記事

カリウム不足

カリウムの多い食品でむくみ対策

カリウムだけじゃ解決できないむくみの対処法


食品として果物例

イメージ

カリウムは、塩と同じようなミネラル成分で体にとっては本来必要なものです。
ナトリウム(塩分)は取りすぎた場合、腎臓の尿中への排泄で体内の濃度はある程度は維持されますが、その時にナトリウムと一緒にカリウムも排出されてしまうので、不足になりやすくなります。


それで、食品で補う必要がありますが、朝食はパンとコーヒーだけという方も多いかもしれませんが、そこに少し果物を加えることをお勧めします


例えば、多く含まれている食品で、果物の一日分の目安として、バナナ中1本、桃1/2、オレンジ1/2、プルーン1個、洋ナシ1/2、リンゴ小1/2、イチゴ中3個、ライチ3個、なつみかん1/2、柿1/2などがあります。
また、カリウムの多い食品としてドライフルーツやイチゴジャムや他の果物のジャム、果物の缶詰でも摂取することができるので、忙しい朝には便利です。


一般的に健康的な食生活というと、野菜や果物を多く取るようにと言われますが、腎臓が悪い方の場合は逆に、野菜や果物を取り過ぎないようにと言われてしまいます。
これは、カリウムが野菜や果物などの植物に多いといわれているからです。


しかし腎不全を患っている方は、塩分もカリウムも排泄が悪いので、蓄積してしまいます。
スイカは腎臓に良いと言われていますが、それは水分が豊富に含まれているため、尿が出やすくなるためですが、腎機能が悪い方がスイカやバナナやメロンなどを食べ過ぎると、腎臓によいどころか、高カリウム血症から不整脈を起こすもとになるので、注意が必要です。


関連記事

食品で高血圧予防

食事で総合的にむくみ対策

気をつけて!これは間違った対処法



[特集]むくみ対策 果物紹介 食品一覧